BLOG

ブログ

カブカップ

2021.10.07|バイクライフ

ホンダスーパーカブを対象にした耐久レースが、富士スピードウェイカートコースで開催されている。年間5戦によるレースである。最終戦を除く4戦は3時間耐久で行われ、最終戦のみ6時間耐久になる。カテゴリーが分かれており、大まかには50㏄ノーマルクラス・90㏄ノーマルクラス・フル改造クラスとなっている。私たちはバイク好き5人で約6年前から参戦している。(この2年はコロナ禍のため不参戦)

初戦はカブによるレースという事で半分おちゃらけ気分で会場入り。準備万端、全車による予選が始まり他チームの本気度・レベルの高さに私たちのおちゃらけ気分は圧倒されてしまった。

当初私たちは50㏄クラスで楽しんでいたが、やはり勝ちを意識しだし1年を待たず90㏄クラスに変更した。

私たちのチームはスーパーカブ2台を要し、それぞれに分かれレースを展開する。

私はバイク好き1人と2人1チームで54号車を駆る。3時間耐久では45分ごと交代、6時間耐久では1時間交代である。参戦当初はお気楽モードのレースであったが、上位に食い込みだしてからは完全に本気モードに入り、レース中はアドレナリンが出まくり全く疲れを感じなくなっていた。おかげで表彰台も経験させていただき優勝2回は誇らしい記録である。

一昨年夏のレースでは、F1も開催された本コースでの戦いで最終周に奇跡が起き4位から2位にジャンプアップ!ゴール直前の最終コーナーで予備タンに切り替えるもそのまま2位でゴール。最終ライダーであった私は、何も知らなかったためその結果を聞いてただただびっくり。表彰台でのシャンパンファイトも経験させていただいた。

バイク好き仲間のおかげでこんな楽しいバイクライフをおくれていることに、ただただ感謝である。